第1作RPG制作記録その2

こんばんは、さんにちそふとです。

今回はゲームのメインの一つとなる闘技場のマップを紹介します。

map20160223_2

魔法都市マギラハムの中央やや上部にどーんと構えている建物が闘技場です。

外観からなんとなく闘う場所っぽくみえますか!?コンクリートの塊っぽい感じが個人的に好きです。

ちなみに、デザイン上のポイントは、闘技場が周りより高いところにあることです。

というのも、本闘技場のテーマは「立体感」なのです!これ覚えてて下さいね。

それでは内装を見ていきましょう!

map1F20160307

mapB120160307

上の画像は入口から闘技場に入ってすぐの階層のマップです。そして、上部にある階段を降りた先の階層のマップが下の画像です。

闘技場で実際に闘うステージは下の画像の中央のところです。

え、ステージが小さくないかですって?違うんです、観客席がとても大きいんです!!

本闘技場はこの街のメインスポットなので、たくさんの人が集まれるように大きな観客席が必要となったわけですね。守衛にまもられている特別な観客席もあります。

この大きな観客席が本闘技場のデザイン的な見どころなのですが、お気付きですか?

この観客席(ステージも含め)段々になっているんです!!どーん

なんて意気揚々と言いましたが、立体感を出すのにとても苦労しています。

今のマップもよく見ていただくと、あれなんか違和感ある・・・というところがいくつかあるかと思います。

床のパネルの色を段階的に暗くすることができればもう少し立体感を出せるかもしれませんが、拡張する能力が足りませんでした・・・(デフォルトでは暗くするかしないか2択しかないのです)。

ただ、それっぽくみえるくらいにはなったかなと思いますので、一先ず合格としました(自己採点)。

 

今回は以上です。

闘技場といったらバトルですよね!?!?

でも、まだシステム部分が全然進んでいないので、こまめに進めていきたいところです。

(まだ数回はマップの紹介でお茶を濁すことになりそうだぞ~)

頑張ります!!

第1作RPG制作記録その1

こんばんは、さんにちそふとです。

ちょくちょく更新したいと言いつつ、ここ1、2か月は忙しい日々が続き、制作が進んでおりませんでしたが、ようやく落ち着いてきました。

題名にあるように、これから定期的に1作目のRPGの制作記録を報告していこうと思います。

まだタイトルを決めていませんので、とりあえず「第1作RPG」としていますが、そのうちタイトルを決めます。

今日は忙しくなる前につくっていたマップを紹介しつつお茶を濁そうと思います。

map20160223

これが拠点となる街の全体図です。細部の変更はあるかと思いますが、全体像はこんな感じです。

街の名前は「魔法都市マギラハム」です。

よく考えたら名前をつけていなかったのでさっきつけました!!!!

お察しの通り、今作のテーマは「魔法」です。

そんでもってもう一つのテーマである「〇〇」と組み合わせて「魔法×〇〇」となるのですが、その〇〇は追々ということで・・・。

 

こんな感じでこまめに更新していけたらなと思います。

まだ多少のストックはあるものの、すぐに記事のネタがなくなってしまうので、頑張らないとです・・・。

(HP開設して1年近く経ってようやくそれっぽいものを投稿したな・・・)

新年のあいさつ

しばらく経ちましたが、新年あけましておめでとうございます。

ブログの更新は久方振りですね、何とか生きてます。

作業もちょっとずつですが進めています。

今回は最近の作業の報告をしようと思います。

夏前から、二条颯太作「双子のココロ」(現在は非公開)をノベルゲーム化しようと、シケモクMKさんが提供しているジョーカースクリプトを利用して制作に取り組んでいました。

ただ、ある程度出来上がってプレイしてみると、どうもしっくり来ず、まあ、もともとノベルゲーム用ではなく、小説として書かれているから当然ではあるんですが、ゲーム用にシナリオの改編やシステムの追加をしないといけないなあと感じました。

まあ、まずは完成させてから、とそのまま文章の移植する作業にひたすら取り組んでいましたが、なかなかモチベーションが上がらず、半分くらいのところで中座してしまいました。

そんなこんなでしばらくして、ようやくモチベーションがあがってきたので、何かやりろうということになりました。

とりあえず短いのでいいから一つ完成させてみようということになり、短編サウンドノベルをつくることにしました。

他のツールも使ってみようとなり、同じくシケモクMKさんが提供しているティラノスクリプトを使ってみました。

これは上記ジョーカースクリプトと違い、HTML5で動作するので、サイトにあげてブラウザでみることもできます。

このスクリプトをグラフィカルに編集しやすくしたティラノビルダーは、某奴隷ゲーも使用しているそうです。

ティラノビルダーは有料なので(無料版もあります)、とりあえず無料のティラノスクリプトのまま使ってみましたが、シケモクMKさんが力を入れているのもあり、ジョーカースクリプトよりも使いやすかったです。

拡張性は、ジョーカースクリプトの方が高いので、3Dキャラなんかを使うならそっちがいいですが、当面は単純な2次絵のノベルゲーとなる予定なので、ティラノスクリプトを使っていこうと思います。

ゲーム部のところは一通り終わったので、今はイラスト待ちです。

また、12月の下旬頃からRPGツクールVX Aceを用いたRPG制作も始めました。

個人的には、RPGが大好きなので、現在もりもりマップをつくっています。

街の人のセリフなんかの作り込みもしないといけないけれど、一つのファイルをシナリオ担当とどう分業しようかなーと悩み中です。

まだまだ始めたばかりですが、今年中の完成を目指しています。

すぐサボってしまうので、ちょくちょく更新して進捗報告していこうと思います。頑張ります。

ノベルゲームをつくり始めてみて

まだまだ完成には程遠いですが、少しずつノベルゲームの制作を進めています。

案の定、今月までには終わりませんでしたが・・・。

つくっていて気が付いたことなのですが、ある程度形になってくるとこの辺こうしたいけど、うまくいかないなーというところが多々出てきました。

使用しているジョーカースクリプトというツールですが、いろいろできてすごく便利です。

とはいえ、何でもかんでもできるできるわけではないですし、まだまだ試作品段階のツールですので、やっぱり自分である程度スクリプトをかけないとかゆいところには手が届かないんです。

少しずつC#も勉強もしていこうと思います。

頑張らないと。

ノベルゲームつくってます

Unity5+ジョーカースクリプト(http://jokerscript.jp/)でノベルゲームをつくりはじめました。

Unityは、無料で3Dゲームがつくれるすごいやつとして有名ですが、2Dゲームもつくれます。

このジョーカースクリプトは、そのUnityの2Dゲームの中で、アドベンチャーゲーム作りに特化

した制作キットらしいです。

ジョーカースクリプトの公式サイトを見ながらサンプルのノベルゲームをつくってみましたが、

プログラミングの知識も全く不要で、非常に簡単でした。

脱出ゲームなど比較的複雑なゲームもできるようなので、いいものを見つけた気がします。

また、ゲームを拡張するために、自作のスクリプトをプラグインとして使えるようなのですが、

小生、C#に不慣れなので自作は難しいです・・・。公式サイトでは、今後つくったプラグインを

共有する場を提供するようなので、当面はそちらを利用しようと思います。

現在は、ジョーカースクリプトに慣れるために、二条颯太著「双子のココロ」をノベルゲームに

しようと取り組んでいます。

いずれ当サイトで公開する予定なので、もしよかったら遊んでみて下さい。

とはいえ、サイドワークでは時間がかかるので、公開できるのは良くて来月末かなあ・・・。

頑張ります。